荒川区・熊野前駅徒歩1分「だんのうえ眼科 熊野前院」

サイトマップ法人概要

だんのうえ眼科 熊野前院

ご予約・お問合せはこちら

流涙症(鼻涙管閉塞)

鼻涙管閉塞

涙は涙腺という場所で作られ、眼の表面を潤します。その後は目頭の近くの上下2箇所にある涙点という場所から吸い込まれ、鼻の方に流れていきます。涙は眼を乾燥から守ると同時に様々な雑菌の感染を防ぐ役割をしています。
しかし、何らかの原因でこの経路の一部がふさがっている(鼻涙管閉塞)と涙がたまり、涙が眼の表面から溢れ出します(流涙症)。流涙症には様々な原因がありますが、ドライアイや結膜弛緩症などの症状がない場合にはこの鼻涙管閉塞を疑います。鼻涙管閉塞は涙点から生理食塩水を流す検査を行って診断をします。
鼻涙管閉塞には二種類あります。

先天性鼻涙管閉塞症

赤ちゃんの約10%は鼻涙管が開通しないまま生まれてくるそうです。このことを先天性鼻涙管閉塞症と言いますが、この先天性鼻涙管閉塞症はほとんどの赤ちゃんが成長とともに自然治癒していきます。しかし、まれに自然治癒しないお子さんもいらっしゃいます。

大人の鼻涙管閉塞症

おとなになってから何らかの原因で鼻涙管閉塞を起こすことが有ります。原因としては鼻の病気(鼻炎、蓄膿症、ポリープなど)や目の病気(結膜炎などの炎症からの影響)でなる場合があります。