二子玉川駅直結「だんのうえ眼科 二子玉川院」

サイトマップ法人概要

だんのうえ眼科 二子玉川院

ご予約・お問合せはこちら

ボトックス

ボツリヌス治療とは

ボツリヌス治療の起源はとても古く、1822年にドイツ人医師のJustinus Kernerが、ボツリヌス菌が産生する天然のたんぱく質が治療薬として効果を発揮するかもしれないと論文に記述したのが始まりといわれています。

このたんぱく質は食中毒の原因となり、筋肉の活動を抑制する作用があります。ボツリヌスの語源であるbotulusはラテン語でソーセージの意味があります。十分に調理されていないソーセージを食べて食中毒を起こしたことがこの菌を発見するきっかけになったことから、このように名付けられました。

このたんぱく質がはじめて治療に応用されたのは1970年代の後半にアメリカの眼科医Alan Scottが斜視の治療に用いたことから始まり、 1980年代に入ると使用用途は飛躍的に拡大しました。現在、日本では、健康保険診療の対象となる疾病治療として、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳性麻痺患者(2歳以上)の下肢痙縮に伴う尖足などに使用されています。そして、2009年春からは、自費診療のアンチエイジング治療として、65 歳未満の眉間の表情じわの治療が適応となっています。

この薬剤を用いて治療を行う場合には、医師にはあらかじめ規定の講習・実技セミナーを受講して資格を取ることが義務付けられているので質の高い医療が得られることになります。

ボツリヌス治療の作用

現在治療に用いられている薬剤は天然のたんぱく質からできた毒素を分離して精製したものです。薬剤の中に、ボツリヌス菌の菌体やその成分あるいは培養液の成分などは一切含まれていません。

この薬剤は、脳が筋肉に運動することを命令するときに働くアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制することで、筋肉の収縮をコントロールします。治療に用いられるたんぱく質の量はごく微量で、注射した筋肉とその周りにある筋肉にしか作用しません。また、この薬剤によって抑制されたアセチルコリンの働きは時間が経つと元に戻ります。

つまりボツリヌス治療とは、しわの原因となる筋肉に天然のたんぱく質を注射することによって、注射をした筋肉の収縮を目標とする状態に抑制し、その結果筋肉の表面を覆っている皮膚のしわをできにくくする治療方法なのです。

効果表現と持続時間

注射した当日には、ほとんど効果は現れません。通常では、2~3日してから、徐々に効果が現れてきます。
治療の効果は1~2週間程度で安定し、数ヶ月持続した後、数週間かけて効果が消えていきます。
そのため、ご自身の大切なイベントを目標にしている場合には、半月から1ヶ月くらいの余裕を持って治療を受けるほうがよいでしょう。

また、安定した治療効果を維持するために、効果がなくなったら、再度治療を行います。
ただし、短期間の間に何度も薬剤を投与すると、体の中にA型ボツリヌストキシンを中和する作用を持つ抗体と呼ばれるたんぱく質ができてしまい、効果が発揮されなくなる可能性があります。このことから、ボツリヌス治療は最短でも3ヶ月以上投与の間隔をあける必要があります。
きちんと投与間隔を守っていれば、何度投与を繰り返しても効果が減弱することはありません。

どこに注射するの?

眉間のしわの場合はその原因となっている皺眉筋(すうびきん)と鼻根筋(びこんきん)に投与します。
皺眉筋は眉をひそめる筋肉で、眉頭あたりから眉山に向かって走っています。
しわのでき具合から個人差のある筋肉の位置を特定し、通常は、皺眉筋には左右2部位(合計4部位)に注射します。鼻根筋は両眉頭の間あたりに位置しており、眉を下に引っ張る筋肉(皺眉筋と同様に眉をひそめる時に動く筋肉)であり、そこに1部位注射することとなります。

眉間のしわをつくる顔の表情筋

※皺眉筋、鼻根筋の位置を強調しています

副作用

ボツリヌス治療の副作用の多くは薬剤の効きすぎによるもので、筋肉が必要以上にリラックスしすぎてしまい、眉毛が下がったり(眉毛下垂)、まぶたが重くなったりする(眼瞼下垂)場合などがあります。
ただし、ボツリヌストキシンは、長くても数ヶ月で効果が消えてしまいますので、半月から1ヶ月ほどで、過剰な効果による症状は消失します。
こうしたことから、イベントの半月から1ヶ月くらいの余裕を持った治療がすすめられます。

ボツリヌストキシンに対する筋肉の反応性は、個人差がありますから過去注射して効きすぎた経験がある場合は、医師にそのことをしっかりと伝え、注射してもらう量を調整してもらうようにしましょう。